【 北極点無補給単独徒歩2015-2016 クラウドファンディング開始 】

北極冒険家 荻田泰永の挑戦【北極点無補給単独徒歩到達2015–2016】のサポート隊員募集やその他個人協賛を募るクラウドファンディングがスタート致しました。


今回のクラウドファンディングは本遠征に置けるロシア北極圏側の調査遠征資金調達を目的に開始させて頂きました。


何卒応援の程宜しくお願い致します。

http://shootingstar.jp/projects/1607


※2014年9月以降に直接御振込をして下さった方々は既にサポート隊員として登録が完了してございます。





【 遠征スタート延期と遠征計画の立直しについて 】

荻田泰永の無補給単独徒歩挑戦は続行ですが、現地との調整に

 時間を要するため、調査を含む2年計画の挑戦へと変更致します。

 

 

当初、遠征のスタートを20153月としておりましたが、

 20163月に変更となりました。

 


③遠征表記を

 《北極点無補給単独徒歩2015 》→《 北極点無補給単独徒歩2015–2016 》

とさせて頂きます。

 


本遠征のスタート地点及び現地拠点をカナダ北極圏

 からロシア北極圏へ変更いたします。

 


⑤2015年はロシア北極点に出向いての現地拠点作り、

 調整、調査、トレーニングを行って参ります。

 


予算の大幅増額に伴い、サポート隊員及び協賛を継続して募らせて頂きます


※変更詳細及び変更理由は下記の通りでございます。


我々荻田泰永北極点事務局(N.A.P.)と致しましても、非常に長い期間と莫大な予算

を必要とするこれまでに経験の無い大規模ななります。

 

翌年の本遠征に向けて全力で2度の現地遠征、長期間の遠征に向けたスポンサー募集

など取り組む課題が山積みではありますが、成功に向けて邁進して行く所存でござい

ますので、変わらぬ応援を下さいますようお願い申し上げます。

 

 

 

【 2015年 遠征における計画変更 】

2015年に北極点 無補給 単独 徒歩 到達』を再挑戦するべく、これまで順調に装備の開発や環境の調査等を行っておりましたが、2015年の遠征における遠征拠点、スタート地点、フィニッシュ後のピックアップ体制に至るまでの計画を大幅に変更をせざるを得ない事態となりました。

多年にわたり、北極海冒険における拠点として地理的環境に最も優れるという理由から各国の遠征隊が集結したのはカナダ北極圏レゾリュートでした。

 

これまでの荻田泰永の北極点挑戦においても同様に、レゾリュートに拠点を置き、現地飛行機会社(ケンボレックエア社)のチャーターフライトで1000km北上したスタート地点(ディスカバ リー岬)へ移動。また遠征終了時のピックアップも同様にケンボレックエア社のチャーターフライトを要請しておりました。カナダ側からの遠征においてはケンボレックエア1社のみしかなく、世界の北極点遠征隊も全て同様の手段で実行しています。

しかし、11月に発表されたケンボレックエア社の新たな企業方針により2015年から冒険を目的としたチャーターフライトの全てが廃止となり、カナダ側からの北極点挑戦が現状の手段では不可能となりました。

 

代替案として現在、ロシア側の飛行機会社と交渉を進め、ロシア北極圏に遠征拠点とスタート地点を移しスタートを切れるよう、荻田泰永をはじめ 事務局一同一丸となって調整をしております。

 

ご心配をおかけ致しますが、引き続きの応援をどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

【 2015年 北極点無補給単独徒歩 サポート隊員受付開始!! 】

2015年3月、北極冒険家荻田泰永が北極点無補給単独徒歩に挑戦致します。

そこで今回も個人の方々かたサポート隊員という形で御協賛を募集させて頂きます。

また、その他に企業小口協賛、大口協賛のご用意もさせて頂きました。

 

↓ ↓ 詳しくはこちらから ↓ ↓

 

◯個人サポート隊員 詳細〜お申し込み

 

◯企業協賛(小口協賛/大口協賛)


【 北極点無補給単独徒歩2014に関する番組放送予定② 】

ノンフィクションW 2週連続巨編

ノンフィクションW 遥かなる北極点
孤高の冒険家 日本初の偉業に挑む』


WOWOW
1週目 Part-1/7月4日  (金)夜22:00
2週目 Part-2/7月11日(金)夜22:00

 

荻田泰永北極点遠征の全てが詰まった長編冒険ドキュメンタリー番組 

【 北極点無補給単独徒歩2014に関する番組放送予定① 】

【北海道スペシャル】

『独り歩いて北極点へ』〜冒険家・荻田泰永さんの挑戦〜

 

5月30日(金)20:00〜20:43 NHK(北海道のみ放送)


荻田泰永を取り巻く様々な人間模様に焦点を当てたドキュメンタリー番組 

【 北極点無補給単独徒歩2014 報告会のお知らせ 】

5月16日(金) 東京
シアターサイバード ( 代官山 )
東京都渋谷区猿楽町10-1 代官山駅徒歩4分
開場 18:30
開始 19:00 (終了予定20:30) 
料金 1000円 ( サポート隊員 / 小学生以下 無料 )
※事前予約はございません、全て当日受付となります。

5月18日 札幌
かでる2.7 ( 札幌 )
札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル 札幌駅徒歩12分
開場 17:30
開始 18:00 (終了予定19:30) 
料金 1000円 ( サポート隊員 / 小学生以下 無料 )
※事前予約はございません、全て当日受付となります。

北極遠征 鷹栖町報告会
5月17日 鷹栖地区住民センター
開始14:00 (終了予定15:30)
料金 500円 ( サポート隊員 / 小学生以下 無料 )
後援:鷹栖町
※事前予約はございません、全て当日受付となります。


主催: 一般社団法人N.A.P.(荻田泰永北極点事務局)
協賛: T×T GARAGE Co.,LTD

お問い合わせ先 : N.A.P. 03−6659−4411 info@northpoleadventure.jp
 

 

 

 

【 荻田泰永より応援して下さった皆様へ 】

【 遠征撤退情報/メディア掲載 】

【 北極点無補給単独徒歩到達2014 撤退のお知らせ 】

北極冒険家荻田泰永が日本時間3月8日より挑戦中でありました
北極点無補給単独徒歩到達を、遠征44日目である日本時間4月20日、
断念し途中撤退する事を決定致しましたのでお知らせ致します。


《 これまでの状況と撤退理由 》

現段階までに遭遇した大乱氷帯や大型のブリザード等の状況やその場の環境に合わせて
幾度となく達成する為の計画を立直して進行して参りました。
結果あと15日程度で極点に到着できる予定にありました。
ですが、計画の立直しにより残った食料、日程、体力は既に余裕を保っている状態にはなく、
ここにきて暴風雪の予兆が出てきてしまい数日間の足止めが余儀なくされる状況になりました。

その為、現在吹いている強風と氷の状態を考慮すると、到達に必要な単日の
予定歩行距離を獲得し続ける事は事実上困難と考え、荻田泰永と事務局にて
協議の結果今回の遠征を断念する事を決定致しました。
なお、荻田泰永本人の体調は至って良好であり、怪我や病気等はございません。

荻田泰永の今回の遠征の最終到達地点は
北緯86度21分89.8秒 西経68度38分40.1秒 となります。
遠征開始より進んだ距離は382km。極点まで残り402kmの地点となります。
距離的に見ると半分弱の距離ですが、遠征における到達度で表すならば7~8割程の地点と考えます。

《今後のスケジュール》

日本時間21日~27日の週で事務局(事務局長大木ハカセ)が現地に向かい、
荻田泰永をチャーター機にてピックアップしカナダ(レゾリュート)に戻る予定です。
その後日本へ戻りますが、現段階でピックアップの日程が決定できていない状況にありますので
今後の帰国日程等のスケジュールに関しましては現段階でお知らせする事が出来ません。

帰国、報告会等日程に関しましては決定次第、事務局より現地からこちらの
オフィシャルホームページ及びFacebookにアップさせて頂きます。

 

 

【 遠征終了後の講演依頼受付再開のお知らせ 】

荻田泰永の北極遠征『北極点無補給単独徒歩到達2014』も中盤を過ぎ、一般社団法人N.A.P.では、2014年6月以降の荻田泰永、大木ハカセ2名の講演依頼受付を再開致しまします。

 

ご依頼の際は本ホームページ上部の【講演依頼】からお願い致します。

 

 

※スケジュール及びご予算、講演内容、講演形態に関しましてもご相談下さいませ。
※ホール、ライブハウス、会議室、体育館、教室、野外、と場所は問いません。
※学校、部活、サークル、企業、団体、個人、イベント、等の形態は一切問いません。
 

 

『ExpeditionはLIVEだ。 』にご来場の皆様ありがとうございました。

現在進行形の遠征をお客様を集めてライブで解説するというものは、我々と致しましても今回初の試みでした。

遠征終了後では浸る事の出来ない、何を緊張し、警戒し、どんなプレイで乗り切り、何をを持って喜びとするのか。そんな臨場感を共有でき、冒険をより楽しんで頂く事が出来たら幸いです。

 

またどこかでやりたいですね。

ご要望がございましたら全国どこでもお声掛け下さいませ。

info@northpoleadventure.jp

 

 

【 進行中の遠征を徹底解説《 ExpeditionはLIVEだ。》開催決定!! 】

荻田泰永北極点無補給単独徒歩 遠征中のこの時期に、

ここまでの遠征について、また今後の行方、見所諸々

事務局外持出し禁止資料をもとに徹底解説いたします!

 

事務局の裏側をお見せします。

未公開音声を流します。

スタート直前の映像をお見せします。

北極の面白さをお教えします。

 

今年の北極は本当に面白い!

 

是非ライブでお楽しみ下さい!!

 

会場:シアターサイバード( 東京 代官山 )


主催 N.A.P. / 荻田泰永北極点事務局
日程 4月14日(月曜日)

開場 18:00 
開始 18:30 (終了予定20:30) 
料金 2000円(当日受付)

※本講演は予約制となっております。定員に達し次第受付を終了させて頂きますので予めご了承下さい。
※講演開始以降は音声、画像、映像等の撮影及び録音は禁止させて頂きます。
※本講演に限りましては、中継及び収録動画のweb配信は一切行なう予定はございません。

 
 
 
 
 
 

【 ブリザードからの思わぬ晴天 】

遠征21日目。

昨日より2回目のブリザードに。。

今回のブリザードは今後3日間の停滞が予想されます。

・・・予測されておりました・・・が、

本日午後よりまさかの晴天。

荻田泰永は歩行を再開し本日9.4km進行。

漸く1つの目標であった北緯84°を超えました。

 

残す所30日で距離は500km以上。

 

ですがスタート直後、荻田泰永と事務局間の交信において遠征20日で84°という想定を立てておりましたので、実はまだまだ想定内の位置に付けている状態でおります。

 

ここからは(天候と氷の状態にもよりますが)距離を少し筒伸ばせて行ければと考えております。

 

引き続き応援の程宜しくお願い致します。

 

 

 

【 北極クイズ 答え合わせww 】

北極クイズの答えです。

 

※この答えはあくまで今現在の食べたいものですので、遠征後の荻田に与えるのはお止め下さい。危険です。ww

 

 

【 3月23日 ブリザード2日目 定時外連絡内容 】

遠征16日目にブリザードに遭遇。

ブリザードはその後も停滞し、17日目もブリザードとの予想。

現地時間17日目の早朝(日本時間3月23日21:58)に行なわれた定時該連絡の内容を皆様にも御聴き頂ける様アップロード致しました。

 

 

 

【 北極クイズ? 】

遠征16日目。

本日は今回の遠征初のブリザードで1歩も前進せずテントにて過ごしております。

ここまで2週間の行程で荻田の体力も大きく消耗し疲労が蓄積していた為、ちょうど良い休息日となっている状況です。
テントの中に入るとはいえそこは北極。

風と海流の影響を受けて現在地は東方向へ4.3km程流されております。

気温は-20度と遠征に出発してから一番温かく、食料燃料共に消費が少なく効率的に休息を取る事が出来ております。

そんな荻田泰永より 【 第1回 北極クイズ!!】が届いております。

 さぁ、皆さん一緒に考えて下さい。w

 

 

 

【 ここに来て相次ぐ遠征途中棄権 】

ここにきて北極点を目指す各チームの遠征途中棄権の情報が立て続けに入ってきました。

荻田泰永の後に出発をしたノルウェイチーム(Lars Flesland / Kristoffer Glestad)の2名が遠征中断を決意。

 

現在レゾリュートにまで戻って来たとの事。

 

現在北極海で極点を目指しているのは日本(Yau Ogita)アメリカ(Eric Larsen/Ryan Waters)の3名のみとなった。

 

 

 

 

【 アイルランドチーム 無念の撤退 】

3月7日に荻田泰永と同タイミングでディスカバリー岬から遠征を開始し、北極点を目指していたアイルランドチーム(クレア オ リアリー/マイク オ シェイ)のオフィスより先程N.A.P.宛に「遠征の続行を断念」との連絡が入りました。

 

16日(遠征9日目)、クレアとマイクの2名は乱氷帯を超える際に負傷し無念の撤退を決意。17日に補給を受ける筈であったチャーター機にて無事ピックアップされました。

 

現在はレゾリュートに戻って来ており、来週にはアイルランドへ帰国する予定。

 

これで現在、北極点を目指しているのは世界で荻田泰永以外にはアメリカとノルウェイの2チーム4名のみとなりました。

 

私達N.A.P.は、彼等の行動と挑戦に大きな拍手を送ると共に、次なる挑戦に期待を致します。

 

 

http://theiceproject.org/wp/index.php/lifeproof-ice-project-team-forced-abandon-ice/

 

 

 

【 チョイネタ募集?w 】

1日の歩行を終えてテントで休む荻田泰永に、唯一の楽しみ日本の面白ネタを届けませんか?貴方の周りの面白話、応援メッセージ、日本時事ネタ、人生相談、などなど定時連絡の際に事務局より荻田泰永に伝えます。

御住所/御名前/ペンネーム/ネタを info@northpoleadventure.jp まで御寄せ下さい。

 

 

【 ロケットニュース24 】

 

例えばGoogleMapに現在地がプロットされていたら?
北極の衛星画像上に荻田泰永の現在地が記されていたら?

・・・そういうサイトが実はあるのです!!

今回の遠征で協力機関として名を連ねて頂いている

『 ROCKET NEWS 24 /ロケットニュース24 』

にて、荻田泰永の最新情報を得る事が出来ます。

歩いた痕跡を辿れるGoogleMap必見です!

 

 

 

例えばGoogleMapに現在地がプロットされていたら?
北極の衛星画像上に荻田泰永の現在地が記されていたら?

・・・そういうサイトが実はあるのです!!

今回の遠征で協力機関として名を連ねて頂いている

『 ROCKET NEWS 24 /ロケットニュース24 』

にて、荻田泰永の最新情報を得る事が出来ます。

歩いた痕跡を辿れるGoogleMap必見です!

 

 

【 遠征5日目 速報 】

本日(現地3月11日)遠征5日目、スタート当初懸念していた今回の遠征最初で最大の山場 “20km程続く大乱氷帯” を抜けました。

 

まだまだ平坦な氷上とは行きませんが、明日以降は少しずつ距離を獲得できそうです。

 

現在 北緯83°11.759 西経77°50.534 天候晴れ 気温-32℃ 

 

 

 

【 遠征1日目 速報 】

本日10:02(現地時間19:02)に荻田泰永より衛星定時連絡有り。
レゾリュート出発時、天候を考慮してケンボレック航空はディスカバリー岬とワードハント島の2つを
着陸候補地としていたが、チャーター機は我々が計画をしていた当初の予定通りディスカバリー岬にランディング。
荻田はランディング地より2.4km前進し、現在 北緯 83°03.829 / 西経 77°26.116 にてキャンプをしている。気温は-36℃で天候は晴れ。体調は非常に良いとのこと。

荻田は明日以降激しい乱氷帯に挑む事が予想されるが、2年前と同様のスタート地に立ち「2年前に見た風景だ。やっとここに帰って来た感じです。」とやる気に満ちていた。 

  

 

 

【 荻田泰永 レゾリュート出発 】

日本時間21時45分(現地時間7日6時45分)、最終経由地のレゾリュートから荻田泰永を乗せたチャーター機がスタート地点に向けて飛び立ちました。

現在、スタート地点はディスカバリー岬を予定しておりますが、天候次第ではディスカバリー岬の東に位置するワードハント島となる可能性も出て参りました。

 

次の交信は日本時間8日10時00分の定時連絡交信となります。

 

荻田泰永無補給単独徒歩 いよいよスタートです。

 

 

 

【 日本で応援して下さる皆様へ出発前日メッセージ 】

【 レゾリュート出発延期のお知らせ 】

日本時間3月5日21:00、現地の荻田より衛星交信が入りました。

本日(現地時間3月5日6:00)レゾリュートからスタート地点のディスカバリー岬へのチャーターフライトを予定しておりましたが、ディスカバリー岬周辺の天候が優れずに出発を延期致しました。

 

次の出発予定日は明後日3月7日となります。

 

 

 

【 衛星定期連絡音声ページ (サポート隊員専用)】

サポート隊員様限定の衛星交信定期連絡試聴ページが出来ました。

ぜひ御聞きになって一緒に冒険を感じて下さい。

本日、第1回目の音声をアップさせて頂きましたので是非御試聴下さいませ。


【 定期交信の主な内容 】
 《荻田側交信内容》
現在の位置/健康状態/現地の自然環境変化/その他
 《事務局側交信内容》
衛星画像を用いた環境予測/カナダの観測所からの情報/その他連絡事項等

↓↓↓ 音声配信ページはこちら↓↓↓】

衛星定期連絡音声(サポート隊員専用)

 

サポート隊員全員に先程IDとpassをメールにて発行致しました。

メールアドレスは登録時にご自身で設定されたメールアドレス宛に送らせて頂いております。 
 

K隊員の方で隊員ワッペン等が未だ送られて来ていない方がいらっしゃいましたら、

大変お手数ですが info@northpoleadventure.jp まで御名前と住所、電話番号を明記の上ご連絡下さいませ。
※ ID及びパスワードの拡散、転用、譲渡、又は掲載音声の転用等は禁止させ頂いております。予めご了承下さいませ。
 

 

 

【 スタート日迫る! 】

《 荻田泰永遠征スタート日について 》
現在の予定では現地時間5日早朝にレゾリュートからチャーター機で飛び、午後にはディスカバリー岬からスタートを切る状況です。


ただ、現在スタート地点の天候が安定しないと言う情報もあります。


天候悪化で飛行機がでない場合は7日、もしくは9日のスタートとなる可能性がございます。また追ってお知らせ差し上げます。

【 NHK ニュースウォッチ9 】

昨日(2月26日)のNHK ニュースウォッチ9で、荻田泰永の今回の挑戦が紹介されました。

見逃した方は下記のURLよりご覧になれますので、是非チェックしてみて下さい。

 

http://cgi2.nhk.or.jp/nw9/pickup/?date=140226_1

 

※放送中、北極点無補給単独徒歩挑戦は今回で3度目となっておりますが、正しくは2度目となります。(2012年、2014年)

 

【 そり引きトレーニング 】

これまで体に染み付いた冒険の記憶を呼び起こすかの様に、本日はイカルイット周辺にてソリを引くトレーニングに明け暮れております。

 

2014.02.19

 

 

【 2014年遠征 新装備①/そり 】

今回の荻田泰永 北極点無補給単独徒歩到達に関する装備の中で、今回の遠征で新しく導入した物がいくつかある。そのうちの一つがこれ…『そり』です。

ノルウェーの『acapulka(アカプルカ)』という極地におけるエクスペディションを支えるメーカーのもので、兎に角取り回しがよく、軽く、それでいて格好良く美しい!

今回はこのソリを2艇(160cm/130cm )使用します。

 

 

【 イカルイット/犬ぞり 】

現在荻田はイカルイットでいつもお世話になっている知人宅にて装備の準備に取りかかっております。

 

この日は知人と共に犬ぞりでイカルイットの街周辺を4時間程滑走。

体が日に日に寒冷地順応して来ている様です。

 

犬ぞりでの滑走の様子はオフィシャルFacebookでご紹介致します。

 

 

 

 

【 クラウドファンディング終了 】

今回の遠征におけるサポート隊員受付窓口として利用させて頂きましたクラウドファンディング“シューティングスター”が、17日午前1時をもって終了となりました。

沢山の方々の御支援を頂きファンディング内のプロジェクトが完了しました事、厚く御礼申し上げます。

 

これ以降のサポート隊員受付は本ホームページ内の《個人協賛のお願い》のみでの登録となりますのでご了承下さい。

 

 

 

【 イカルイットにて活動開始 】

荻田泰永はイカルイットに到着し、現地でのカヤック組み立て訓練、体感トレーニングを開始致しました。

 

体調は至って良好な様子です。

 

明日はいよいよ現地でカヤックの漕ぎ出し訓練及びドライスーツのテストを行なう予定です。

 

【 バンクーバー → オタワ → そして… 】

本日、荻田泰永はバンクーバーでの追加買い出しを全て終え、バンクーバーの空港からオタワへ向かって移動を開始致しました。現地の深夜にオタワの空港に到着予定のため本日は空港泊予定。そして明日にはいよいよイカルイットへ到着する予定です。2年ぶりのイカルイットでの体感トレーニング。

 

スタートが刻一刻と近づいております。

 

 

【 バンクーバー買い出し風景 】

2月10日18時50分、成田空港から出国した荻田泰永は無事にバンクーバに入り、現在はバンクーバーで装備の追加買い出しをしております。

明日以降オタワ経由で更に北上し、体感トレーニングや最終パッキングの為イカルイットに入る予定です。

 

 

また、現地に入った現在も極点到達後のピックアップフライト用の応援資金を募集しておりますので何卒宜しくお願い致します。

 

【 荻田泰永 バンクーバー入り 】

2月10日18時50分、荻田泰永が北極点を目指す為に成田空港から出国致しました。

2月11日明朝、バンクーバー(カナダ)に到着。2日間程装備の買い足し等を行ない、14日にはオタワ経由で更に北のイカルイットという街に入る予定です。イカルイットでは、体感トレーニングや装備のテスト、その他の訓練や最終パッキング等を行ないます。

 

今後も現地の様子をこちらのホームページとFacebookにてお知らせして参ります。

https://www.facebook.com/northpoleadventure

 

 

 

【 クラウドファンディング速報 2月4日 】

サポート隊員(個人協賛)募集をシューティングスター(クラウドファンディング)で開始して18日目。とうとう¥3,000,000-に到達いたしました。

ご協力下さった皆様に心より感謝申し上げます。

おかげ様でプロジェクト達成という事で皆様との契約が成立致しました。

 

今後とも引き続き応援、御支援を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

http://shootingstar.jp/projects/492

 

 

【 クラウドファンディング速報 1月30日 】

サポート隊員(個人協賛)募集シューティングスター(クラウドファンディング)も残す所17日半。

現在88名の方々に御支援頂き、¥2,150,000-に達している状況にあります。

誠に有り難うございます。

 

ギフトの内容も続々追加させて頂いておりますのでご確認下さい。

 

今後とも引き続き応援、御支援を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

http://shootingstar.jp/projects/492

 

 

【 クラウドファンディング速報 1月21日 】

サポート隊員(個人協賛)募集窓口をクラウドファンディング『シューティングスター』に切り替え4日目に入りました。

カード決済が可能になった事もあり、多くの方々にご支援を賜っております。

スタートから現在までの3日間で、34名の方々に御支援頂き、¥450,000に達している状況にあります。

誠に有り難うございます。

今までのサポート隊員特典になかったギフトの追加等もございますので、改めてご覧下さいますと幸いです。

 

今後とも引き続き応援、御支援を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

http://shootingstar.jp/projects/492

 

 

【 ワッペンの郵送に関して 】

先週よりサポート隊員の方々へワッペンの郵送を開始致しました。

 

御入隊手続き先着順で御送りしておりますが、ワッペン製造都合上の理由でまだ郵送できていない方々が多数いらっしゃいます。

今後も随時御送りして参りますので今暫くお待ち下さいます様お願い申し上げます。

 

今年に入り御入隊された方、また講演会等で直接御入隊された方に関しましては今月末〜来月初旬の郵送となりますので、ご了承下さいます様お願い申し上げます。

 

 

【 サポート隊員募集新聞掲載情報 】

クラウドファンディングを利用してのサポート隊員募集を昨日から本日にかけて様々な新聞などで掲載して頂いております。

(ありがとうございます!)

 

ー サポート隊員募集ページ ー

http://shootingstar.jp/projects/492

 

サポート隊員の方々も、メニューを増やしておりますので改めてご覧下さいませ。

今後とも応援の程何卒宜しくお願い申し上げます。

 

岩手新聞

http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack_c.cgi?c_lifestyle_l+CO2014011801001217_1

大分新聞

http://www.oita-press.co.jp/worldTopics/2014/01/2014011801001217.html

共同通信

http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011801001217.html

京都新聞

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20140118000011

岐阜新聞

http://www.gifu-np.co.jp/news/zenkoku/lifestyle/CO20140118010012170530161A.shtml

熊本日日新聞

http://www.simpleweb.jp/tt/kumanichi.com/news/kyodo/life/201401/20140118002.xhtml

gooニュース

http://t.news.goo.ne.jp/news/1054897

佐賀新聞

http://www.saga-s.co.jp/news/global/corenews.0.2610900.article.html

山陰中央新聞

http://www.sanin-chuo.co.jp/newspack/modules/news/article.php?storyid=1251923016

中国ニュース速報

http://newschina.jchere.com/newsdetail-id-3349380.htm

tweetbuzz

http://tweetbuzz.jp/entry/516704400328993/www.47news.jp/CN/201401/CN2014011801001217.html

デイリースポーツオンライン

http://www.daily.co.jp/society/human_interest/2014/01/18/0006645318.shtml

ニコニコニュース

http://news.nicovideo.jp/watch/nw916642

西日本新聞

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/lifestyle/article/64059

ニュースinfoseek

http://news.infoseek.co.jp/article/18kyodo2014011801001230

@niftyニュース

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2014011801001230/1.htm

(五十音順)

 

【 サポート隊員入隊手続き変更と項目追加のお知らせ 】

《御支援方法》

 ①クラウドファンディング『シューティングスター』

http://shootingstar.jp/projects/492

を開いて下さい。

 ②“支援する”の中にございます『【日本冒険史上初】北極冒険家 荻田泰永 北極点無補給単独徒歩等発つへの挑戦!』のページでご支援項目を選んで頂きクリック下さいませ。

 ③必要事項をご記入頂き申請下さい。これで御支援完了でございます。

 

※今回より振込だけでなく、カード決済も可能となりました。

 

《御支援項目の追加》

詳しくはシューティングスターのサイトをご確認下さいませ。

 

-御支援に関するお問い合わせ先-

一般社団法人N.A.P.(荻田泰永北極点事務局)

tel:03-6659-4411 fax:03-6659-4412

メール info@northpoleadventure.jp

担当 大木

 

【 サポート隊員様用ワッペンの郵送について 】

2014年版隊員ワッペンが完成致しました。

(荻田泰永遠征用ユニフォーム及び事務局員ユニフォームと同仕様になります)

サポート隊員の皆様へは今週より随時発送して参ります。

現段階でお申し込み(御振込)を御済ませの方に関しましては、来週にはお手元に到着するかと存じますので今暫くお待ち下さいます様お願い申し上げます。

 

(その他のサポート隊員特典に関しましては、改めて御知らせ致します。)

 

 

【 北極男 書評掲載のお知らせ 】

1月4日の産經新聞に、荻田泰永 初の著書『北極男』の書評を掲載して頂きました。
インターネットで閲覧の方は下記URLよりご覧下さい。

msn 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140105/bks14010510560003-n1.htm


ーーー《 下記URLからも転載記事を御読み頂けます。 》ーーー

ameba エンターテイメントニュース(スポーツ、ライフ、エンタメのニュース配信!)
http://ameblo.jp/sayapoon1/entry-11743553090.html

中国ニュース速報
http://newschina.jchere.com/newsdetail-id-3261691.htm

ツアージャーナル
http://www.tour-journal.com/その他/49604.html
 

 

 

今週16(土)17(日)山岳フォーラム

いよいよ今週土曜日、16日『北極男』発売!!

今週16(土)17(日)の2日間、長野県松本市で開催される岳都•松本「山岳フォーラム」2013のゼビオグループブースにて、当日発売の荻田泰永著書『北極男』即売&トークを行なわせて頂きます。

 

荻田泰永『北極男』即売&トーク実施時間

16日 17:35〜18:05(ゼビオグループブース内)

17日 11:00〜12:00(フォーラム内特設会場)

※時間は変動する場合がございます。

 

名称:岳都•松本「山岳フォーラム」2013

日時:平成25年11月16(土)17(日)

場所:松本市まつもと市民芸術館

入場:無料(17日シンポジウムのみ事前申し込み)

主催:岳都•松本「山岳フォーラム」実行委員会

 

 

北極冒険家荻田泰永の13年に亘る

冒険活動で初となる著書『北極男』

今週土曜日の11月16日に発売

になります!!

是非お近くの書店でご予約の上

御買い求め下さい。

 

生き方に悩んで大学を中退し、突然冒険を思い立って生まれて初めて行った海外がいきなり北極! それ以来12年間に12回も北極冒険を繰り返し、海外といえば北極しかしらない男が目指すのは、日本人初となる「単独無補給徒歩」での北極点到達だった! 魚の冷凍庫より寒いマイナス50度にもなる極寒の地で、空腹と疲労とホッキョクグマの恐怖に悩まされ、時に突然足元の氷が割れて冷たい北の海に沈む悪夢にうなされながら、なぜ彼はそれほどまでに「北極」にこだわるのか。彼はいったい、北極で何を成し遂げようとしているのだろうか? これは、前人未到の秘境の謎に切り込むノンフィクションでも、危険でスリルに満ちた冒険譚でもない、ひたすら地味で等身大な行程に身を捧げた、未熟でフツーな日本人(本人談)による極北の旅の記録である! 

「あなたはなぜ、北極に行くのですか?」「そこに、何もないからです」「……!?」アザラシとホッキョクグマの住む土地におじゃました「北極男」の夢は極夜にひらく……のか?(解説・角幡唯介)
 
 

【 11月16日 荻田泰永 著 『北極男』発売!! 】

北極冒険家 荻田泰永の初めての著作『 北極男 』(¥1,785–)が11月16日に講談社より出版されることになりました。

過去13年間北極に通い続けている 、いやむしろ海外は北極しか行った事の無い男。まさに北極男の13年間が凝縮された一冊です。

 

Amazonではすでに予約が始まっております。Amazonもしくはお近くの書店にて、皆様是非ご予約の上お買い求め頂けると幸いです。  

 

 

 

【 9月21日 北海道 荻田泰永壮行会開催 】

2013年9月21日、北海道札幌市にて、荻田泰永

の来期遠征『 北極点 無補給 単独 徒歩 』に向けた

壮行会を北海道の有志団体“どさんこパンチ”さんが

主催して下さいました。

 

壮行会の模様を下記リンクにてご覧下さい。